モグリッチとCIAOチュールはどう違う?おすすめ猫おやつを徹底比較!

猫が大好きなとろけるおやつ。

一番有名なのは「CIAOちゅ~る」ですが、ほかのメーカーからもとろけるおやつは販売されています。

最近飼い主さんの口コミで評判がいいのが、健康に配慮されたとろけるおやつ「モグリッチ」

今回は猫のとろけるおやつ「CIAOちゅ~る」と「モグリッチ」の違いを調査し、どっちがおすすめかをまとめました。

  • 健康・塩分に配慮した猫おやつがいい⇒モグリッチがおすすめ!
  • いろんな味を楽しめる猫おやつがいい⇒CIAOちゅ~るがおすすめ!

猫ちゃんのおやつ選びの参考にしてくださいね。

タップできる目次

モグリッチとCIAOちゅーるの成分比較:健康配慮ならモグリッチ!

2種類のとろける猫おやつ「モグリッチ」と「CIAOちゅ~る(まぐろ)」の成分を比較しました。

モグリッチとチュールの成分を比較

モグリッチとチュール(まぐろ)の主な成分構成は似ています。

モグリッチチュール(まぐろ)
たんぱく質5.5%以上7.0%以上
脂質0.6%以上0.2%以上
粗繊維1.0%以下0.1%以下
灰分2.0%以下1.7%以下
水分90.0%以下91.0%以下
エネルギー(1本あたり)7.14kcal約7kcal

チュールのほうがたんぱく質がやや多く脂質がやや少ないという違いがありますね。

1本当たりのカロリーはほぼ同じです。

モグリッチとチュールの原材料を比較

モグリッチ(左)とチュール(右)
モグリッチチュール(まぐろ)
水、チキンささみ肉、チキンレバー、タピオカ加工デンプン、増粘安定剤(グアーガム、キサンタンガム)、ヒマワリオイル、タウリン、グルコサミン硫酸、コンドロイチン硫酸まぐろ、まぐろエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘安定剤(加工デンプン、増粘多糖類)、ミネラル類(Na、P、Cl)、調味料(アミノ酸)、ビタミンE、緑茶エキス、紅麴色素

モグリッチは原材料がヒューマングレードで、香料や着色料などの添加物が使われていないのが特徴です。

モグリッチには健康成分のタウリン、グルコサミン、コンドロイチンが入っているのも、愛猫のおやつとしてうれしいですね。

モグリッチの健康成分はこちらの記事にまとめています!

モグリッチとチュールの塩分濃度を比較

汗をかかない猫は、塩分摂取が過多になると腎臓病や心臓病のリスクが高まります。

キャットフードにプラスして食べるおやつは、体への負担が少ないのか塩分濃度も気になりますよね。

モグリッチとチュール(まぐろ)の塩分濃度を比べてみました。

モグリッチの公式サイトによると塩分濃度は0.08%。すごく少ないです!

モグリッチ

(写真の塩分計は0.2%以下は一律で0.2%(点滅)で表示されます)

チュールの塩分濃度は0.4%でした。

チュール(まぐろ)

チュールの0.4%も高くはないですが、塩分濃度を気にするならモグリッチのほうがいいですね!

モグリッチとチュールの成分・原材料・塩分濃度を比較した結果、猫の健康に配慮したおやつを選びたいなら「モグリッチ」のほうがおすすめでした!

モグリッチとCIAOちゅーるの味比較:いろんな味を楽しみたいならちゅーる!

モグリッチとチュールで販売されている味の種類を比較しました。

チュールは80種類以上!いろんな味が楽しめる

チュールの特徴の1つは、いろんな味が販売されていること!

公式サイトによるとチュールは80種類以上あるそうです。すごいですね!

まぐろ、カツオ、ほたて、とりささみなどをベースにミックス味もたくさん。

80種類以上もあれば好き嫌いの多い猫ちゃんでも気に入る味のチュールに出会えますね。

チャオ (CIAO)
¥2,427 (2022/11/23 01:43時点 | Amazon調べ)

モグリッチはチキン味の1種類!だけどうちの猫は超お気に入り

モグリッチはチキンささみとチキンレバーが入ったチキン味の1種類だけです。

うちの猫、チュールのチキンささみはあまり好きではないので、モグリッチのチキン味もすぐ飽きるかなと思ったのですが・・・

モグリッチに変えてから3ヶ月以上、ずっと大好きです!まったく飽きてなさそう。

一度に出したらまずモグリッチ!

モグリッチとチュールを一緒に出したら、まずモグリッチをペロペロ。

チュールだけを出すと「こっちじゃないんですけど」的な顔をするようになりました(笑)。

チキンレバーの香りが猫の嗅覚を刺激するそうで、食いつきがすごく、水分補給にも役立っています。

モグリッチの後はチュールもペロペロ

モグリッチとCIAOちゅーるの価格比較:健康配慮分だけモグリッチが高い

モグリッチとチュールの価格を比較してみました。

モグリッチチュール
60円~75円/本35円~50円/本
※公式サイト価格※Amazonでの価格

チュールは種類によりますが、1本35円~50円。

モグリッチは定期購入割引で1本60円。

モグリッチはヒューマングレードの原材料を使用しているので、その分価格も高いです。

高いと言っても60円なので、健康配慮分の価格として高すぎはしないとわたしは感じています。

まとめ:モグリッチとCIAOちゅーるの違いとおすすめの選び方

モグリッチは原材料がヒューマングレードのとろける猫おやつで、価格は高いですが、猫ちゃんの健康に配慮したい飼い主さんにおすすめです。

チュールはたくさんの味があり、価格も安いので、猫ちゃんにいろんな味のおやつを楽しませたい飼い主さんにおすすめです。

  • 健康・塩分に配慮した猫おやつがいい⇒モグリッチがおすすめ!
  • いろんな味を楽しめる猫おやつがいい⇒CIAOちゅ~るがおすすめ!

猫ちゃんの好みにも合わせて、気にいるおやつを選んでくださいね!

ぽちっと応援お願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできる目次