【ねこのきもち2021年3月号】付録はメッシュインナーバッグ!【雑誌感想レビュー】

【ねこのきもち2021年3月号】付録はメッシュインナーバッグ!【雑誌感想レビュー】

ベネッセから発刊されている猫飼いさん向けの雑誌「ねこのきもち」。2021年3月号のレビューをお届けします!

「ねこのきもち」は、猫との暮らしを何も知らなかったわたしにとって、お役立ち情報満載の雑誌。

  • ほかの飼い主さんと猫ちゃんがどんな暮らしをして、悩みに対応しているのかが知れる
  • 専門家監修で信頼ができる猫情報(病気や気持ちなど)が手に入る
  • かわいい猫ちゃんの写真がたくさん見れる
  • おもちゃやフードサンプルで、猫の好みを試すことができる

「ねこのきもち」は書店では買うことができず、定期購読の雑誌なので、購読を始める前はちょっと不安でした。

わたし

「ねこのきもち」ってどんな内容が載ってるんだろう。本当に役立つのかな?

同じように、どんな中身なのかわからず購読に踏み出せない方のために、内容をレビューしていきます。

「ねこのきもち」がどんな雑誌か知りたい方は、こちらもどうぞ。

contents

2021年3月号「ねこのきもち」レビュー

2021年3月号の「ねこのきもち」。今月の表紙の猫ちゃんもかわいい!

付録は「猫が落ち着く メッシュインナーバッグ」です。

3月号のもくじがこちら。6つの特集と9つの連載があるので、特集をいくつかご紹介。

子猫&成猫 みんなの噛む・引っかく対策

猫と暮らしていると避けられないのが、噛まれる・引っかかれる。

うちの猫は引っかくことはあまりしないのですが、噛むのは油断してるとガブリといかれます。

全国の飼い主さんがどのように噛む・引っかく対策をしているのか、その対策が獣医さん目線でOKなのかが12事例紹介されています。

2021年3月号 噛む・引っかく対策

特にうちの猫が噛んでくるタイミングがこちら。

おなかのほうをブラッシングしようとすると、本気噛みされます(泣)。

なでて気をそらせる。難しいけれども・・・毎日コツコツ頑張ってみます。

ステイホームで分離不安に!? 猫だって気をつけたいメンタルヘルス

この1年、在宅勤務がメインになったのでほぼ家にいるわたし。猫たちを留守番させることがとても少なくなっています。

一緒に暮らし始めたころは甘えん坊ではなかったさと(ブリティッシュショートヘア・1歳)が、わたしが家にいるとき、すごく甘えてきたり、いろいろなところについてくることが増えました。

(それでも抱っこはキライなんですけどね)

出かけるときも、閉めたドアからじっと寂しそうな顔でじっと見てきます。

もしかするとわたしが家に居すぎることで「不安分離」になったのでは、とちょっと心配になりました。

不安分離とは、飼い主がそばにいないときに強い不安を感じてしまうことです。

特徴的な行動としては、飼い主さんの留守中に次のようなことをするかどうか。

  • 過剰な毛づくろいをする(脱毛や皮膚炎になるほど)
  • トイレ以外の場所(布団とか)で排泄する
  • 大きな声で鳴き続ける
  • モノをかじったり壊したりする

飼い主さんがいるときに過剰に甘えてくるだけであれば、不安分離ではないそうです。

うちのさと(&コロも)は、上記のような行動はないので、ただ単にわたしに甘えてくれているだけなんだとわかり、ほっとしました!

ただ、日々の生活から猫ちゃんを不安にさせない行動をとるのも大事ということです。

その方法も記事にあったので、参考になりました。

(出かける前にかまってしまうとか、やってることもたくさんありました・・・)

純血&ミックスのニッチなネタが満載! 明日きっと話したくなる猫種トリビア

純血猫、ミックス猫のトリビアが18個紹介されてます。

どれも「へえ~(ペンペンペンペン)」(古い)なのですが、わたしが惹かれたのが特集表紙。

「どれがブリティッシュショートヘアでしょう!」

ブリショーのさとと暮らしてるわたしとしては、外すわけにはいきません。じっくり写真を見て考えます。

正解は・・・、はい「C」です! なんとか当たりました!

どの猫ちゃんもかわいいー!

【3月号付録】猫が落ち着く メッシュインナーバッグ

「ねこのきもち」には毎月付録がついてきます。おもちゃだったり、小冊子だったり、月によっていろいろと。

3月号の付録は、猫をキャリーバッグに入れるときにも役立つ「メッシュインナーバッグ」でした。

淡いピンク×水色のかわいいメッシュバッグです。

口は大きく開き、紐で絞って口を閉めることができます。

うちの猫たちと比べると、このような大きさです。

さと(3.5kg)が紐にじゃれてます
コロ(4.8kg)も余裕で入れる大きさ

さと(3.5kg)を入れてみました。

1匹だと余裕で入れます。

うちのさと抱っこが嫌いなので、抱っこして入れるまでものすごく暴れたのですが、入ったらおとなしくなりました。

コロ(4.8kg)、さと(3.5kg)の2匹を入れてみました。入りましたが、さすがに狭くていやそうでした(笑)。

うちの猫はキャリーバッグはキライではなくおとなしく入ってくれているので、そこでは出番がなさそうです。

ただ先日あったような大きな地震のとき、すぐに猫を一時避難させる先として役立ちそうだと思いました。

(先日の地震ではさとがテレビ裏に隠れてしまって、しばらく出てこなくなってしまいました)

たたむとコンパクトになるので、いつでも取り出せるところに置いておいて、猫を非難させないといけないときなどいったん2匹を入れるなどで使っていきたいと思います。

「ねこのきもち」の購読方法

申し込み方と料金

 「ねこのきもち」は書店では買えないので、購読の申し込みが必要です。

毎月10日ごろに自宅に届きます。買い忘れがないので便利ですね!

料金の支払い方法は、「毎月払い」と「年一括払い」の2つがあります。(2021年2月時点)

  • 毎月払い:月々1,199円(年間で14,388円)
  • 年一括払い:月あたり1,105円(年間で13,260円)

 年一括払いのほうが約1号分お得です。

毎月払いなら最短2号からの購読が可能です。

申し込み初回は、豪華付録や特典がたくさんついてくるので、2号だけ試しに購読するのもありですね。

(2号だと1,199円×2=2,398円ですね)

最新月号も新規購読で豪華特典付き!

2021年5月号の申し込みは4月22日まで豪華付録&特典つきです。

「ねこのきもち」は情報たっぷりの飼い主さんお役立ち雑誌ですので、猫飼い初心者の方や、暮らし方に悩まれている方におすすめです!

【ねこのきもち2021年3月号】付録はメッシュインナーバッグ!【雑誌感想レビュー】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる