猫の冬の快適室温は?留守番中に暖房は必要?我が家の寒さ対策紹介

    わたし

    猫ってふさふさの毛でおおわれてるけど、寒さには強いのかな?

    コロ

    おいらたち、そんなに寒さに強くはないんでしゅよ。あったかいところだ大好きでしゅ!

    ふさふさの毛でおおわれている猫ですが、実は寒さが苦手だとか。

    「猫はこたつで丸くなる」という歌もありますもんね。

    猫にとって快適な室温はどれぐらいなのか、飼い主さんが留守中に暖房をつけたほうがいいのか、冬の適温に悩んでいる方に向けて、我が家の猫の寒さ対策を紹介します。

    contents

    室内飼い猫が快適に感じる室温・湿度は?

    猫の適温は18~26℃、心地よいのは22℃前後

    猫にとって、快適に過ごせる適温は18~26℃ぐらいで、その中でも22℃前後が一番心地よいのだとか。

    子猫やシニア猫の場合は、体温調整がうまくできないので少し高めにしてあげましょう。

    湿度は50~60%ぐらいが猫も過ごしやすい

    室温に加えて湿度調整も大事です。

    人が快適と感じる50~60%ぐらいの湿度が猫にとっても最適。乾燥も防げ、室温を適温に感じやすくなります。

    冬のうちの猫の場合

    暖房を入れていないとき(室温16~18℃)

    12月・1月の我が家(マンション)の室温は、暖房を何も入れなくて16~18℃ぐらいです。

    暖房を入れていないときは、2匹の猫それぞれ好きな場所で丸まって寝ています。

    キャットタワーのコロ・さと
    キャットタワーで丸まるコロ・さと
    爪とぎで丸まるコロ・さと
    キャットハウスで寝るコロ

    猫は自分にとって快適な場所を見つける能力があり、そのとき一番過ごしやすい、あたたかい場所を見つけているようです。

    からだを丸めることで体温を逃さないように調整するので、室温16℃ぐらいだと問題なく過ごせています。

    暖房を入れたとき(室温20~21℃、床付近の温度23℃)

    うちの冬の暖房は基本床暖房で、どうしようもなく寒い時だけエアコンをつけるようにしています。

    床暖房を入れると、室温は20~21℃ぐらい、床の温度が23℃ぐらいになります。

    やはり22℃前後が猫にとっても快適なのか、へそ天で寝る姿を見ることができます。

    へそ天コロ

    留守中に暖房は必要なのか?

    猫はあたたかい場所を自分で見つけることができます。

    極端に室温が下がらない部屋で、あたたかいベッドやブランケットの用意があれば、飼い主さん留守中の暖房はなくても過ごせます。

    飼い主さんがいるときといないときで室温10℃の差ができるのは体調を崩しやすくなります。

    すごく寒い日は、留守中も寒い時間だけタイマーで暖房をつけるなどの対策をするとよいですね。

    我が家の冬の寒さ対策

    留守中でも暖をとれるように、あたたかい場所を用意しています。

    ニトリNウォームのペットベッド・ブランケット

    ニトリのNウォームのペットベッドやブランケットを、部屋のいろんな場所に置いています。

    寝ているとじんわりあったまってくるようで、寒い時によく寝ています。

    手作り猫用こたつ

    2面をくりぬいた段ボールの中に、ペット用のホットマットを入れ、その上からブランケットをかぶせただけの超簡単手作りこたつ。

    せまくて暗い場所も好きなので、よく潜り込んでいます。

    作り方はこちらをどうそ。(別サイトが開きます)

    まとめ

    あまりにも寒すぎたり、寒暖差が激しすぎると猫が体調を崩しやすくなります。

    あたたかい場所を用意してあげたり、寒い時は適宜暖房をつけてあげるなどして、室温を管理していけるとよいですね。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    contents
    閉じる