ストルバイト発見から1ヶ月 キャットフード切り替えで順調に改善中!

    1月に受けた猫の健康診断で、うちの2匹の猫、コロ&さとの尿にストルバイトが大量に出ていることがわかり、キャットフードを切り替えてから1ヶ月経ちました。

    先日1ヶ月後の検査で、順調に改善中であることがわかったのでここまでの経過をまとめます。

    contents

    療法食のキャットフードに無事切り替え完了!

    ストルバイトってなに?

    猫のご先祖さまは乾いたところで暮らしていたため、猫は比較的飲水量が少ない動物です。

    水をあまり飲まないことで泌尿器系の病気を起こしやすく、その1つに尿路結石があります。

    ストルバイトは結石の原因となる物質で、尿の中に混じってるだけの状態では影響は少ないのですが、固まって結晶になると痛みを発したりおしっこをしにくくなってしまいます。

    トイレできばるコロ

    ストルバイトの治療は療法食のキャットフードで

    ストルバイトの治療は、キャットフードを専用の療法食に切り替え、フードで溶かすのが一般的です。

    うちの猫2匹も、キャットフードを総合栄養食から療法食に切り替えて、ストルバイトを溶かす治療を始めました。

    有名どころのストルバイト療法食のキャットフードは、「ロイヤルカナン ユリナリー S/O」と「ヒルズ プリスクリプション 尿ケア c/d」ですね。

    我が家もこの2つのキャットフードにしています。

    病院でもらったサンプル

    キャットフードの切り替えは失敗からのスタート

    ストルバイトを溶かす効果のある療法食のキャットフードに切り替えることになりました。

    しかしわたしは、スタート時点で失敗を犯してしまいました・・・!

    キャットフードをすぐに療法食に切り替えようとして、病院でもらったサンプルだけを一気に出してしまったのです。

    初めて出されたフードで、あまりおいしそうな香りでなかったからか、まったく口にせず、ほぼ丸1日、何も食べない状態にしてしまいました。

    かわいそうなことをしてしまいました・・・(反省)

    1週間かけて徐々にフードを切り替え なかなか食べてくれない・・・

    獣医さんに相談し、1週間かけて徐々にこれまでのフードとの比率を変えて切り替えを進めていきました。

    猫は慣れないフードだと食べないことやおなかを壊してしまうことが多く、徐々に比率を変えて切り替えていくことが大事なのです。

    キャットフード切り替えの基本中の基本なのに、病気だからと焦って一気に切り替えてしまい、食べられない状態を作ってしまったのでした。

    フードの切り替えはこんな風に進めました。

    1日目3日目5日目7日目
    これまでのフード80%55%20%0%
    新しいフード20%45%80%100%

    最初は、元のフードだけを出すとモリモリ食べるのに療法食のフードは無視されたり、フード2つを混ぜてもあまり食べてくれない日が続きました。

    やっぱり元の総合栄養食と比べて、香りや味が好みではないのでしょうか。療法食のフードは好きでないようです。

    コロ

    このごはん好きじゃないでしゅ

    という視線に負けずにキャットフードの割合を変えて1週間。

    徐々に慣れ、しぶしぶ療法食のフードを食べてくれるようになりました。

    切り替えから1カ月。今は療法食のみをしぶしぶ食べています。

    ごはんを食べるコロ・さと

    我が家のストルバイト対策の療法食は3種類

    うちでは、3種類のストルバイト対策用のキャットフードを出しています。

    1種類だけだとあまり食べてくれないので、3種類を出して、だましだまし食べてもらってます。

    ウエットフードは「ロイヤルカナン ユリナリー S/O」のパウチ

    食いつきが一番よいのは、「ロイヤルカナン ユリナリーS/O」のウエットフードです。

    ストルバイト対策として、水をしっかり飲ませることも大事なので、水分量の多いウエットフードも与えることが有効です。

    うちの猫たちはウエットフードが大好きなので、すんなりと食べてはくれました。

    これまで出していたウエットに比べると「しぶしぶ」感はすごく出してきますが、出した量の70%~100%ぐらいは食べてくれます。

    1日1パウチを朝・夜2回に分けて出しています。

    ドライフードは、「ロイヤルカナン ユリナリーS/O」と「ヒルズ プリスクリプション c/d フィッシュ」

    ドライフードは、「ロイヤルカナン ユリナリーS/O」と「ヒルズ プリスクリプション 尿ケアc/d フィッシュ」の2種類を出しています。

    ドライフードは・・・しぶしぶ食べています。

    これまでのフードは、出したら1~2時間もすれば食べきってたのですが、療法食フードはかなりのゆっくりペースでちょこちょこ食べています。

    1カ月経った今は、時間をかけて食べて、残す日、完食する日が半々程度の感じです。

    最初の頃と比べると食べる量は増えてきているので、だんだん慣れて食べてくれるようになっているとは感じています。

    このまま、しっかり食べ続けてくれるといいのですが・・・!

    2種類のドライフードを出している理由

    ロイヤルカナンかヒルズか、どちらか一方に決められるといいのですが、日によって食べたい味が違うらしく、片方だけ出すとまったく口をつけくれないことも。

    フードはちゃんと食べてほしいので、2種類出し、食べたいほうを食べられるようにしています。

    そのため2kgサイズのフードを買うのがちょっと怖いのです。

    2kgを2種類開けると一度に4kg開けることになり、香りが落ちてより食べなくなりそうで・・・

    割高ではありますが500gを買っています。

    ヒルズのc/dはチキンとフィッシュの2種類あるのですが、うちの猫たちは、チキンは全く食べてくれませんでした。

    フィッシュは比較的好んで食べてくれるので、猫にもちゃんと味の好みってあるんですね。

    療法食に切り替えて1カ月 ストルバイトの量は減りました!

    ストルバイト量はしっかり減っていました!

    療法食のキャットフードに完全に切り替えて1カ月。再度尿検査に行ってきました。

    結果はこのようになりました。

    • さと(メス) ストルバイト検出されず!!
    • コロ(オス) ストルバイトは出たけれど、量は減っている・・・!

    尿ケア用のフードを1カ月しっかり食べた結果、改善が見られました!!! 

    よかったーーーー!!!!

    まだコロがストルバイトがなくなったわけではないですが、フード切り替えの効果はちゃんと出ているということです。

    しばらく療法食を継続 おやつはまだ禁止

    効果は出ているので、このまま療法食を続けて1か月後に再度尿検査です。

    次回の尿検査の結果によっては、少しフードを変えることもできるかもしれないけれど、今はまだ2匹とも続けましょう、ということでした。

    実はフードを切り替えたことで一番わたしの心が痛んでいたのは、コロ&さとにおやつをあげられないこと。

    週2~3回ぐらいしかあげてはいなかったですが、おやつ大好きな2匹。

    わたしがキッチンに行くと

    さと

    おやつでしゅか?

    と期待してついてきます。

    ダメだろうと思いつつ獣医さんに聞いてみたら

    尿ケア用のおやつはありますが、あまりおいしくないんですよね・・・
    もう少し我慢しましょうか

    そうですよね。はい。一緒にがんばります。

    ストルバイトがなくなるまでがんばろうね

    キャットフードを切り替えて2匹ががんばった成果がしっかり出て、本当によかったです。

    もうしばらく一緒にがんばって、ストルバイトをしっかりなくしていきます!

    おやつは、もうちょっとだけ我慢してね。

    続きはこちら。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA


    contents
    閉じる