猫2匹飼いに必要な1カ月の飼育費用はどれぐらい?

猫2匹暮らしに必要な1カ月の費用はどれぐらい?

「猫と暮らすのに、そんなにお金はかからない」という言葉を、猫と暮らし始める前によく見ました。

もちろん、生きている猫と一緒に暮らすわけなので、ごはん代やトイレ代などのお金はかかります。

うちは、1歳の猫2匹とアラフォー人間1人の小さな暮らし。

実際どれぐらい1カ月にお金がかかっているのか、うちの場合をお伝えしていきます。

contents

猫2匹を飼うのに月いくら費用がかかっている?

キャットフードにかかる費用

つい先日、成猫用の「総合栄養食」から、健康を維持・改善するための「療法食」に切り替えたところです。

今回は、両方のケースで1カ月にかかるお金を計算してみます。

総合栄養食のドライフード&ウェットフードにかかる費用

ドライフードは「ニュートロ・ナチュラルチョイス」を、ウェットフードは「ピュリナワン・パウチでした。

どちらも、ペットショップやホームセンターで買えるキャットフードの中では「そこそこお値段のするフード」です。

Amazonの平均価格を参考に、2匹が1カ月に食べる量からキャットフードにかかる費用を計算しました。

1匹が1日に食べる量2匹が1カ月に食べる量費用
ドライフード40~60g約3kg4,500円
ウェットフード0.5~1パウチ約45パウチ6,700円
合計11,200円

猫2匹のキャットフード費用、1カ月合計で11,200円ぐらいになりました。1匹だと5,600円ぐらいですね。

ドライフードだけのほうが費用は抑えられますが、水分をたくさんとってほしい、いろんな味や食感を楽しいんでほしいと思って、組み合わせて出しているので、ちょっと高めになっているでしょうか。

キャットフードの世界は奥深く、お値段もピンキリです。

うちのフードの半分以下のお値段のフードから、2倍以上のお値段のフードまで、様々あります。それぞれメリットもあればデメリットもあります。

複数猫と暮らす場合、食費は倍々となっていくので、猫ちゃんの好みなどを確認しながら、おいしく食べてくれるキャットフードを出せるといいですね。

療法食のドライフード&ウェットフードにかかる費用

先日から尿ケア用の療法食に切り替えています。

水分を多くとってもらうため、ウェットフードは朝・夕0.5パウチずつ出しているので、これまでより多くなっています。

まだフードは固定していないので、ロイヤルカナンのユリナリーにした場合で計算してみました。

1匹が1日に食べる量2匹が1カ月に食べる量費用
ドライフード40~50g約2.7kg4,900円
ウェットフード1パウチ約60パウチ9,200円
合計14,100円

尿ケア用の療法食だと猫2匹のキャットフード費用、1カ月合計で14,100円ぐらいになりました。1匹だと7,050円ぐらいですね。

総合栄養食のときより、2,900円アップしています。パウチの量が増えたのと、ドライフードの値段が上がったためです。

費用の面からでも、健康であることって大切ですね。

おやつにかかる費用

おやつは週2~3回ぐらい、乾しカマやにぼし、ちゅ~るを少量あげているだけなので、そんなにお金はかかっていません。1カ月にかかる費用は300円前後ですかね。

トイレ関連にかかる費用

トイレできばるコロ

トイレはシステムトイレの「デオトイレ」で、成猫用トイレを2つ、子猫用トイレを1つ、計3つ部屋に置いています。

1カ月に使う量1カ月にかかる費用
約5kg(成猫用2kg×2、子猫用1kg)1,700円
シート12枚(週1回取り換え)900円
うんちが臭わない袋30枚(基本1日1枚)200円
合計2,800円

トイレにかかる費用は、猫2匹で月2,800円ぐらいですね。もっとかかってるかと思ってましたが、そうでもなかったです。

ウエットティッシュ

猫の顔やおしりをふいたり、トイレが汚れたら増えたり、何かと出番が多いのがウエットティッシュ。

1日1~3枚ぐらい使うので、月にすると150円ぐらいかかってますね。

カーペットクリーナー(コロコロ)

忘れられてはいけない消耗品が、抜け毛をとるためのコロコロ。

月1~2ロールぐらいは使うので、500円前後ぐらいかかるでしょうか。

コロコロの消耗量を少なくするため、ソファーやベッドの抜け毛取りには、「抜け毛とりワイパー」を使ってます。

猫2匹飼いで消耗品にかかる1カ月の費用は?

猫2匹で1カ月にかかる費用
キャットフード(総合栄養食)11,200円
おやつ300円
トイレ関連2,800円
ウエットティッシュ150円
コロコロ500円
合計14,950円

猫2匹で約15,000円、1匹だと7,000円。動物の命を預かるには、やっぱりお金がかかりますね。

猫と暮らすと家賃や光熱費もあがるの?

家賃

猫と暮らすには「ペット飼育可」の家を選択する必要があります。

ペット飼育可物件だと、禁止の物件と比べて15~20%は家賃が上がるようなので、一人暮らし物件だと15,000円前後はあがりますね。

猫2匹と暮らすなら、1LDK以上は広さがあるほうが何かとよいので(2匹で走れる、病気の時に部屋を分けられるなど)、より家賃は上がる可能性が高いです。

光熱費

夏は24時間冷房をつけっぱなしになるので、光熱費は2,000円ぐらいは上がります。

上り幅は季節によって異なりますが、猫ちゃんが快適に、健康的に暮らすための必要経費なので、仕方がないですね。

【まとめ】猫2匹と暮らすにはお金はかかるけど、それ以上の幸せがもらえる

猫2匹と暮らすには、フードやトイレなどの消耗品で月15,000円。ペット可物件の賃貸に住もうとすると、さらに費用がプラスになります。

猫が健康に、元気に暮らすためには、やっぱりそれなりのお金がかかりますね。

でもこのお金でとてつもない幸せをもらえるので、高いお金ではないとわたしは感じています。

フードの種類やトイレの種類などを変えることでも、かかる費用はかわってくるので、暮らし方に合わせて調整することもできますね。

猫2匹暮らしに必要な1カ月の費用はどれぐらい?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる