猫が食いつく「ピュリナワンパウチ」(ウェット)キャットフード食べ比べレビュー

猫が食いつく「ピュリナワンパウチ」(ウェット)キャットフード食べ比べレビュー

1歳猫を2匹飼いの我が家。

キャットフードは、ドライフードとウェットフードの両方を1日で組み合わせて出す「ミックスフィーディング」というやり方でごはんを出しています。

ウェットフードは何種類か試した結果、今のメインは一番食いつきがよく残さず食べる「ピュリナワン パウチ」です。

ドライフードだと、出してもすぐに食べないこともたまにあるのですが、ピュリナワンのウェットフードは、出したとたんすぐに食べきってくれるので、2匹飼いのごはんコントロールもしやすくなります。

今回は、ピュリナワンパウチのレビューをお届けします。

contents

猫2匹飼いでドライフードとウェットフードを組み合わせている理由

うちの猫、コロ(マンチカン・オス)とさと(ブリティッシュショートヘア・メス)は年の差1カ月違い。

体重は1歳時点で1kg違い。

キャットフードは同じものを出していますが、こんな悩みが・・・。

わたし

ドライフードだと、2匹の食べるスピードやタイミングが違って、量のコントロールがうまくできないんだけど、どうしよう
(どんどんコロが大きくなっていく・・・)

子猫うちはの食べやすさや水分補給を考えてドライフードとウェットフードを組み合わせて出し、大きくなったらドライフードだけに切り替えようと思っていました。

でも実際ドライフードメインに切り替えてみると、フードの食べるスピードやタイミングが違って、コロのほうがたくさんの量を食べるようになり。

動物病院でも「ちょっとぽっちゃり気味かな?」と言われてしまうように・・・。

そこで、食べるスピードがほぼ同じで、出したら食べきってくれるウェットフードの量を増やし、コントロールできるカロリーの分量を増やすことにしたのです。

ピュリナワンは1パウチ70g。

朝・夜、1パウチを2匹で分けているので、猫1匹1日1パウチを1匹で食べていることになります。

コロ・さとも残さず食べてくれるので、非常にありがたい。

ドライとウエットのバランスは、これからも調整していきたいと思ってます。

ピュリナワンを食べるコロ・さと

キャットフードのミックスフィーディングって何?

猫の健康を守るには、1日にコップ1杯程度の水分をとることが必要です。

食事の中で自然と水分をとれるように、ドライフードとウェットフードを組み合わせる食事スタイルを「ミックスフィーディング」と言います。

ウェットフードを与えた分だけドライフードの量を減らし、与えるカロリーをコントロールします。

ピュリナワンのウエットフードは80%が水分。1パウチ70gなので56ccもとれるんですね。

4kgの猫の1日に必要な水分の1/3にあたる量なんだとか。すごいですね。

また、ドライフードとウェットフードを組み合わせることで、2つのいいところどりもできます。

ドライフードのいいところ
  • お皿に出したまま置いておけるので、ちょこちょこ食べたいときに食べることができる
  • 歯垢や歯石がつきにくい
  • ウェットフードと比べるとお手頃価格
ウェットフードのいいところ
  • 量に対してカロリーは低めなので、いっぱい食べれて猫も満足
  • 香りが強くて、猫の食いつきが抜群! 味の種類も多い
  • 水分がたくさんとれる

全部ウェットフードにしてしまうと、歯の汚れが気になってしまうし、フードにかけるお金も高くなってしまうので、組み合わせることでいいとこどりができていると思います。

ピュリナワンのウエットフードをレビュー

ピュリナワンパウチの種類

ピュリナワンのウェットフードの種類は多いです。どれもすべて「総合栄養食」(それだけで栄養がとれるフード)です。

うちの猫は1歳ちょっとの食べ盛り。ダイエットも気になるので、「室内飼い猫用 1歳以上 チキン グレービー仕立て」と「避妊去勢した猫の体重ケア 避妊・去勢後から全ての年齢に チキン」の両方をあげています。

「室内飼い猫用」と「避妊・去勢した猫の体重ケア用」の売りポイント・カロリーの違い

どちらもチキン・グレービー仕立てですが、パッケージに書かれている売りポイントがちょっと違います。

室内飼い猫用 1歳以上避妊去勢した猫の体重ケア
食物繊維由来のオリゴ糖が腸内の善玉菌を増やし、便の臭いを軽減適切なたんぱく質・脂肪の割合で避妊去勢後の体重管理をサポート
ミネラルバランスを調整し、下部尿路の健康をサポート天然の食物繊維で毛玉ケア
適切なたんぱく質・脂肪の栄養設計で理想的な体型を維持ミネラルバランスを調整し、下部尿路の健康をサポート

似ているようでちょっと違いますね。最初に書かれているのが、室内飼い猫用が「便の臭いを軽減」、避妊去勢用が「体重管理をサポート」

成分表を見ても原材料な同じようなものなのですが、入っている量(掲載順)や割合が違ったので、上記の特徴が実現できるように作られているのだと思います。

室内飼い猫用 1歳以上避妊去勢した猫の体重ケア
エネルギー:約81kcal/100g
※1パウチ70g
エネルギー:約82kcal/100g
※1パウチ70g
1日当たりの量:体重1kgあたり1袋が目安1日当たりの量:体重1kgあたり0.9袋が目安

100gあたりのカロリーは、ほぼ変わらないんですね。1日当たりの与える量は、微妙に違います。(0.9袋って細かい・・・)

ダイエットをすごく気にしている猫ちゃんなら、カロリー少な目だけど満腹感もある、避妊去勢した猫用にするのがよさそうですね。

うちはドライフードと組み合わせ、室内飼い用と避妊去勢用を0.5袋ずつ出しているので、避妊去勢用の効果があるかは微妙ですが、そこは気持ちの問題で!

うちの猫はどっちが好きか比べてみた(室内飼い用/避妊去勢した猫用)

いつもは「室内飼い用」と「避妊去勢した猫用」を朝・夜分けて出すのですが、どっちがお気に入りかを確認するために、半パウチずつ、一度に出してみました。

ピュリナワン比べ
左:避妊去勢した猫用 右:室内飼い猫用

お皿に出してみました。

色や香りはほとんど差がありませんが、避妊去勢用した猫用のほうが水分が多めです。

さわった感じは、室内飼い猫用のほうが硬めでしっかりしています。

では、さっそく出してみましょう。ごはんゾーンで、今か今かと2匹が待ち構えております。

ピュリナワン食べ比べ

最初の食いつきはこのようになりました。

さとは「室内飼い用」に。コロは「室内飼い用」をちょっとだけ舐めたあと、「避妊去勢した猫用」に乗り換え。

2匹とも、これでもかとかぶりついて食べています。かなりおいしいようです。

あまりにもずっと1つだけを食べているので、お皿を入れ替えてみました。

入れ替えたら、そっちのほうをどんどん食べ始めます。止まりません。

最初の食いつきは、近くにあったほうを選んだか、気分で選んだかだけで、味はどちらもおいしいので、どっちを食べても問題がないようです。

コロは、きれいに完食! 「まだまだ食べてやるにゃ!」的な悪い顔をしています。

さとは、コロと比べると食べる量が少ないのでちょっと残してしまいましたが、それでもしっかり食べました。

ピュリナワンで健康やおなかの調子はどう?

今は、ドライフードはニュートロ・ナチュラルチョイス、ウェットフードはピュリナワンにしています。

約2カ月が経過しますが、おなかを壊したり下痢や便秘になることもなく、健康な毎日を送っています

ウェットフードって「一般食」(人間でいうと「おかず」のようなもの)も多いのですが、ピュリナワンパウチは「総合栄養食」(それだけで十分に必要な栄養分がとれるもの)なので、しっかり健康にも配慮されています。

Amazonだと「Amazon定期おトク便」利用で10%割引になるのでお得ですね。

お届け頻度も、2週間に1回~6カ月に1回まで選べ、いつでもキャンセルできるので、タイミングも合わせやすく便利。

まとめ

ピュリナワンパウチ、「室内飼い猫用」も「避妊去勢した猫用」もどちらもおいしいようで、うちの猫たちは大好きです。

いつもは朝・夜、半パウチずつ出すので、2匹ともぺろりと食べてしまいます。

ほかにも毛玉ケア用、尿路ケア用、シニア猫用もあるので、健康状態や年齢に合わせた切り替えもできるのでいいですね。

おすすめフードですので、ぜひ試してみてくださいね。

【ランキング参加】応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 猫ブログ 猫と一人暮らしへにほんブログ村
猫との暮らしランキング
猫が食いつく「ピュリナワンパウチ」(ウェット)キャットフード食べ比べレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
contents
閉じる